キャッシングサービスを活用する際は、ご利用するキャッシングサービスの審査に申し込んで、そのサービスの審査をクリアする必要があるのです。では、そうした審査基準では、使用者のどういった部分がジャッジされるか。お金の貸出しをする会社は審査申込みをもらうと、最初、自分の会社の登録リストに申込み登録者が以前に登録されているかどうなのか、っていうことを調査します。それから、信用情報機関などに連絡して、キャッシングサービスを受けようとしている方の記録があるか調べます。そして、申込みした人の才や今までの使用経験と、個人情報の要素などからもみていくのです。総合的にみて、キャッシングを許可させるかどうするか、いくらくらいの額の融資を許可するのかなどを審査します。審査基準をクリアすることで、カードが作られ、お金の融資サービスを活用することが可能です。お金の借入れの申し込みには、申込み者の個人に関する情報といえるものみんな提供するつもりで望まなければなりません。自分はもとより家族構成や、職や勤務先や、住み家の状況等も審査の項目に追記しなければなりません。お金の貸付け会社の審査基準では、このような項目のことを属性と呼ぶことがあります。属性の中でも、特別に大切とされる属性があります。その項目で問題があった時は、審査基準を受かる可能性は低いです。大事とされている属性というのは、キャッシングの手続きをする人がいったいどんな方なのかというものをジャッジすることができるもので、確認が分かるものについては重視される動きがあるようです。その中でも、月収レベルがわかるような属性も重要とされます。月収は重要視されるだろうと考えるかもしれないのですが、事実上、月収は自己で申告が可能なものですので、月の収入自体、確認ができない限りはそんなに重要視されるものでないのです。嘘の年収の報告もできる項目なので、立証ができるものより重要視することはないです。さらに、職業では、特に「転職しない」ものであれば、有利になります。公職などが一つの例で、公務員に続くものでは安定があるビジネスマンなどです。マイナスとなってしまう職種はその逆で、「安定しずらい職種」です。接客業や、日雇いの労働、自営や、スポーツ選手なども、安定した業種とは見られずらく、審査そのもの自体が厳しくなるようです。その一方で住宅では、私有の家であるかどうなのかということは間違いなく注目されるはずですが、それと同時に、居住年数も大いに重要とすることは高級なマンションを所持しているより、どういった家でも長年住んでいるほうが審査ではプラスです。長年住んでいるので、信用があるジャッジされるのです。